βグルカンとは?

βグルカンとは?注目の機能性成分βグルカンの歴史から製品分析、βグルカンの疑問と質問を研究し尽くした比較法と効果的摂取法。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
BBS7.COM
MENURNDNEXT
 
酵母エキスとは? パン酵母エキスとは?? βグルカンとは???

「酵母エキス」と銘打った食品の分類があります。

広告の多い健康食品を目にすることが多いのですが、 加工食品への添加物としても広く使われています。原材料の表示の中に「酵母エキス」を目にすることは多いでしょう。

「酵母エキス」とは文字通りに原料の酵母="菌"から抽出されます。原料の酵母は、ビール酵母、パン酵母 などの酵母菌など様々です。それぞれ培養層で種菌を培養することで増やし、大量に増やした菌の中から、必要な成分を様々な製法で抽出します。

ここで、「エキス」と表記すると良い成分だけを濃縮したイメージを抱きますが、 目的と製品によって成分の種類が違い、それぞれに濃度も違うのです。つまり、薄い酵母エキスもあるのです。

実は日常で最も接する機会が多いのは、 用途としては加工食品に加えられる「酵母エキス」です。 主に「旨味」や「風味」を付加するために、加えられます。 ここで「食品添加物」=体に悪い!というイメージが先行しがちですが、「酵母エキス」は法律上は「食品」として扱われます。 少なくとも化学合成した化学調味料とは一線が引かれ、 「酵母エキス」は「天然」「自然」の"旨味調味料"と見做されています。

一方で、「酵母エキス」に分類される健康食品は、 ビール酵母サプリメントを初め、パン酵母ベータグルカン黒酵母エキスなどが多く出回っています。 (黒酵母の場合は、製品内の98%が水なのでエキスと呼ぶのは困難ですが..)

「酵母エキス」の健康食品を選ぶのに重要なのは、 酵母の中から抽出されるβグルカン(ベータグルカン)という成分の量と質です。 「酵母エキス」に謳われる機能性の大部分は、このβグルカンという成分のおかげ。 その他の成分はビタミンやミネラル豊富と宣伝されるものの、 βグルカンにとっては不純物となります。 ビタミン、ミネラル等の栄養は、通常の食材にも多く含まれているので、 わざわざ高価なβグルカン健康食品から摂る必然は無いのです。

つまりは、「健康食品として優れた酵母エキス」は、 いかにβグルカンを濃度高く抽出しているかが”優劣”と言えます。 βグルカン以外の成分を削ぎ落とす抽出で、 βグルカン健康食品の機能性が最大化されます。

現代に最もβグルカンの成分濃度が高く抽出された「酵母エキス」は、 パン酵母抽母エキスを原料とした健康食品です。

現代最高レベルのエキス抽出技術でパン酵母から抽出される酵母エキスは、非常に濃度が高く、製品としての粉末状態では85%以上のβグルカン濃度となっています。

健康食品としての 「酵母エキス」なら、今のところ「パン酵母抽出のβグルカン」を選ぶのが最善と言えるでしょう。

超高純度βグルカン
ペット用に最適なβグルカンとは?

人間用の世界最高純度のベータグルカン健康食品である超高純度ベータグルカンオルタスβグルカン85』。
この高純度βグルカンを、大切なペットへ与える飼い主さんが激増しています。
家族の一員である犬や猫などのペット(草食動物を除く)に対して、最善を尽くす健康食品としては、高純度βグルカンは適切な選択と言えるでしょう。

数多く氾濫しているβグルカン健康食品ですが、ペット達=イヌやネコに効率的な摂取を望むことは無理が在ります。ペットでは最高効率の「水だけで食間」にβグルカンを摂ることが難しいからこそ、ペットには、高純度=高効率のベータグルカン(βグルカン)を少量ずつ与えるのが得策なのです。

現代のペットは家族として重用されることが多いので、人間と同様にペット用の健康食品・サプリメントが数多く販売されています。しかし、「ペット専用、ぺっと用」と表記された商品の多くは、人間用商品の廉価版であり、逆に高価格でも低品質なことが残念です。さらにペット用の健康食品・サプリメントの多くは成分表示が不十分で、重要なはずの機能性成分の分析表記が省略されていたり、酷いものでは内容成分の表記さえ無い誠意の無い商品も散見されます。

健康食品・サプリメントの購入比較では人間用と同様に、含まれている機能性成分の量と質に対する 販売価格を比べることが大切です。イラストや綺麗なパッケージだけでは機能性は期待できないの、高額品を購入する理由にはなりません。

不必要に高価な健康食品・サプリメントを避けつつ、最低限の成分内容が当たり前に表記されていることが、健康食品購入時の最低条件です。

ワンちゃん、ネコちゃん が大切であればこそ、成分をしっかりと確認して、高純度品・高効率品を選択して下さい。


<Keywords: βグルカン, ベータグルカン, BDグルカン, ペット用, グルカン水, ペット用健康食品, ペット用サプリ, ベーターグルカン

超高純度βグルカン
ベータ1・3Dグルカン とは!?

ベータ1・3Dグルカン とは、「ベータ、イチ テン  サン、 ディー グルカン」と読みます。

βグルカンという成分が話題になることは多いのですが、ベータ1・3Dグルカンはβグルカンの一種であり、健康食品やサプリメントの主成分としては、最も重要な成分なのです。

化学的には、「ベータ1,3Dグルカン」記されるのが、王道と言えますが、なぜか解説書籍の多くでは、ベータ1・3Dグルカン と記されることが多いようです。

その他にも、β-(1→3)-D-グルカン、β(1,3)グルカン、β1,3Dグルカン 等々、少しづつ違った書き方をされることもあります。
全て同じ「ベータ1,3Dグルカン」を指します。


世界最高水準の品質のベータ1・3Dグルカン 健康食品なら、『オルタスβグルカン85』が最善の選択でしょう。

 

 

 

JUGEMテーマ:健康

 

 

 

超高純度βグルカン
新しいβグルカン健康食品

βグルカンという成分を含む健康食品が数多く販売されているが、βグルカン健康食品を食べる目的はβグルカンを取り込むことだという本来の目的から逸れていることがあまりに多いようです。
大切なことは「βグルカン」という成分を、なるべく多く、不純物なしに体内に取り込むことです。

その目的を達するためには、単純にはβグルカン健康食品をなるべく多くの食することも第一義的な方法であることは事実です。昔ながらの非効率なキノコ原料のβグルカン健康食品の多くが、販売店からなるべく多く食するように勧められることが多いのはこれが理由。(利益誘導の場合も多いのですが...)

しかし、このようなキノコ健康食品の大量摂取には2つの大きな問題が立ち上がります。

第一には食べ過ぎ。つまりは、胃の容量の問題です。
人間が食べる食事の量は有限で、効率の悪いキノコを満腹になるまで食べても摂れるβグルカンの量は少ないでしょう。
ハナビラタケなどのキノコ健康食品は乾燥粉末にしてさえも、そもそもβグルカンが少なく、不純物が多い効率の悪さを補えるものではないのです。さらに、キノコだけで満腹になるような食生活は、栄養生活のバランスを崩す恐れさえあります。

第二の問題は、満腹になるほどにβグルカンキノコを購入するには、月々数十万円という非常識な大金が必要だという費用の問題でしょう。これは、βグルカンが豊富だとされているキノコは、ハナビラタケ、マイタケetc全て一様に法外に高価であることも背景にあります。
キノコ健康食品は数年毎に流行が演出されますが、近年に広告の多いβグルカンキノコ、ハナビラタケやチャーガ(カバノアナタケ)、鹿角霊芝などがあるが、月々3〜5万円、酷い場合には毎月20〜50万円以上も請求されるのです。
この法外な大金を毎月払い続けることができる家庭は限られているでしょう。(実情は払う必要も価値も低い商品ですが。)

もしも無理をしてでも高額なキノコを購入し続けてしまった場合には金銭的な負担から生活が破綻する可能性するあります。高額なキノコ健康食品ほど、品質が低いというのが実情なのですが、このような被害が耐えないのは憂慮すべき事態でした。

これらの2つの問題を解決するためには、少ない量で効率的にβグルカンを摂取できる安いβグルカン健康食品があれば良かったのです。
そしてそれは、最近に欧米で脚光を浴びている「パン酵母βグルカン」という健康食品の開発によって実現されました。
パン酵母から抽出されるβグルカンは、100gあたり60gを超えており、高品質品になると100gあたりのβグルカンは85g以上。つまり単純比較でもハナビラタケやマイタケの2倍以上ものβグルカンが含まれている品質が実現されているのです。

言い換えると、少ない量で効率的にβグルカンを摂取するには、
一定量あたりのβグルカン量が多い健康食品が必要なのです。具体的には100gのキノコ,乾燥ハナビラタケなどを食しても体内に入るβグルカンは多くても30〜40g程度に過ぎないが、パン酵母βグルカンなら85g以上もβグルカンが含まれています。

つまり、ハナビラタケやマイタケ(MDフラクション)などのキノコ健康食品の最高級品と比べても2倍以上のβグルカンが、パン酵母βグルカンには含まれているのです。さらには、キノコに含まれる不純物がβグルカンの機能性を阻害することを考慮すると、その効率の差は数倍以上が見込めるでしょう。

パン酵母βグルカン健康食品が開発されたことで、キノコ健康食品と比べて少なくとも数倍、大きい場合には数十倍の効率でベータグルカンを摂取できるようになりました。

家計の負担も重要な要素です。
効率が2倍になっても、金額も2倍になるようでは意味が無いのは当たり前です。残難ながら、1980年代に日本への輸入が開始された当初のパン酵母βグルカンは、懸念されたように非常に高価な商品でした。キノコ健康食品の数倍の1本3万円から6万円の超高級健康食品だったのです。

しかし、1990年代になってパン酵母βグルカンが普及期に入ると海外では1本1万円程度まで価格が低下したのです。

そして、日本でもついに1万円を下回る高純度パン酵母βグルカンの時代となりました。海外との価格差を解消した国際標準価格を実現することを主眼として『オルタスβグルカン85』が開発されたのです。

市販されているβグルカン健康食品の中でも世界最高水準のβグルカン85%以上が保証されたオルタスβグルカン85は、まさに世界最高水準のパン酵母βグルカンと言えるでしょう。
さらには、これほどの高品質ながら、販売価格が1万円以下に設定されていることが特筆に値するのです。世界品質のβグルカンを世界標準の価格で販売する、極めて当たり前の取り組みが、日本では初めて試みとなりました。

見るべきはβグルカンの純度。
比較はβグルカンの効率(=純度)と適切な販売価格なのです。
世界と同じく、日本でも本質的なβグルカンの純度が重要視される時代が来たと言えるでしょう。

超高純度βグルカン
マイタケ(舞茸)のβグルカンとは

となりのマエストロ(TBS系日曜 夜10時〜)という番組中で
健康Upキノコランキングが紹介されていました。

広い世界にきのこは10000種類以上は確認されており、日本には推定2000種前後が自生し、食用になるものは約300種だそうで、その第1位として紹介された健康キノコが、マイタケ(舞茸)でした。(第2位エリンギ、第3位シイタケ)

昔から「見つけると舞い上がるほど嬉しいキノコだから、舞茸(マイタケ)」、味も良いし健康にも良いと重宝されてきたわけです。

そしてそのマイタケの機能性成分こそがβグルカン(ベータグルカン)であると番組で説明されました。βグルカンが小腸で吸収されてから以降の体の中での働きに関して、解りやすいアニメーションで図解され、とても解かり易い解説でした。

その後、マイタケに含まれているβグルカンを効率良く摂取する方法として、マイタケ抽出の「MDフラクション」なる健康食品が紹介されました。番組中では「MDフラクション」が成分で名前であるかのような誤った紹介をされていましたが、「MDフラクション」とは成分名称ではなく、製品の商品名です。言い換えると「MDフラクション」は「βグルカン入りのマイタケ抽出液だと言えます。

マイタケを長年研究してきた大学の先生が登場して、キノコとしては「βグルカン」の量が飛び抜けて多いことを紹介していました。しかし、この発言には大きな注釈が必要です。マイタケのβグルカンが多いとできるのは、あくまでキノコから抽出するならば、との限定です。

マイタケから抽出したβグルカンは、免疫サプリメントとしても1980年代に欧米で流行しました。しかし、それは一時の流行でしかなく、同時期に高純度化の技術が飛躍的に向上したパン酵母抽出のβグルカンに移行しました。マイタケβグルカンである、マイタケMDフラクション」のβグルカン含有率は30〜40%前後と推定される一方で、
精製技術が進歩したパン酵母βグルカンのβグルカン含有率は60〜85%と、マイタケの2倍以上の高品質化が達成されたのですから、時代の流れは一気にパン酵母βグルカンとなったわけです。今ではβグルカンが多いはずのマイタケ「MDフラクション」の表記からβグルカンの含有量は消え去り、昔の名残と古い情報の再利用で販売が継続れているのが実情です。

食生活を楽しむだけならマイタケを食することは、味、栄養素ともに非常に有意義な選択です。しかし、βグルカンという特定の栄養素を目的とする状況においては、マイタケ健康食品という選択はもはや非効率な過去のモノ。現代最高のβグルカン健康食品としてはパン酵母抽出のβグルカン」を選ぶのが賢明なのです。

高純度パン酵母βグルカンを選ぶことで、マイタケ健康食品の数倍の効率でβグルカンを摂取できます。その信頼性と実績の証明は世界中での6000件以上の研究論文が雄弁に物語っています。

オルタスβグルカン85』は最高品質のパン酵母βグルカンとして、現代最高のβグルカンが提供されているのです。


KeyWords: mdフラクション MXフラクション Mフラクション Dフラクション

超高純度βグルカン
パン酵母グルコポリサッカライドとは (1)

パン酵母グルコポリサッカライド」とは「パン酵母βグルカン」の別称です。
パン酵母つまりはイースト菌の細胞壁から抽出、精製したβグルカンは、「パン酵母βグルカン」「パン酵母抽出物」として、世界中で60年以上、日本でも10年以上の利用実績があり、多くの賞賛と結果が得られています。この「パン酵母βグルカン」に別の呼称を与え、「パン酵母グルコポリサッカライド」と自称しているだけの類似商品です。

「パン酵母グルコポリサッカライド」の中身はパン酵母βグルカンそのものなので、「パン酵母グルコポリサッカライド」の性質もパン酵母βグルカンの性質と同じです。違うのは品質としてのβグルカンの質と量でしょう。

これは、日本にも定着しつつある「パン酵母βグルカン」の比較にも当てはまりますが、いかにβグルカンの量が豊富で、β1,3Dグルカンの構成率が多いかが、優れたβグルカン比較法です。

日本国内では価格が高価過ぎるために、まだまだパン酵母細胞壁からベータグルカンを抽出する健康食品は普及が遅れているため、全てのパン酵母βグルカン健康食品は確かに"新しい健康食品"とも言えます。
もはや迷信とも呼べる程に低い品質のハナビラタケメシマコブのようなキノコ由来健康食品と比較すると「パン酵母βグルカン」の品質は驚くべき高品質健康食品です。しかし、そのパン酵母βグルカンにも、高いレベルなりの優良品と普及品が存在することは、まだまだ広く知られてはいないのが現状です。このような過渡期を狙った普及品品質のパン酵母βグルカンが「パン酵母グルコポリサッカライド」だと言えるでしょう。

本場米国をはじめとして60年以上も前から高純度βグルカンが活用され、比較評価されてきた世界の常識では、高純度βグルカンと普及品βグルカンの区別は当然。残念ながら「パン酵母グルコポリサッカライド」と称する商品のβグルカンは高純度品とは呼べないレベルです。

βグルカン品質が高いままに安いβグルカン健康食品が待望されていたところへ登場したのが『オルタスβグルカン85』。

その品質はまさに世界レベル。βグルカンが85%以上で、ベータ1,3Dグルカン構成率95%以上という驚愕の品質は、現状に市販されているβグルカンとして世界最高レベルの品質です。

世界品質の高品質・低価格の超高純度ベータグルカンオルタスβグルカン85は、まさに価格破壊的な新商品と言えるでしょう。

超高純度βグルカン
ハナビラタケとは?

ハナビラタケ健康食品が話題になっているようです。ハナビラタケ花びら茸は、文字通りキノコの一種で、βグルカンを機能性成分として含んでいます。黒酵母βグルカン(アウレオバシジウム水溶液)などと同様に、世界市場には無く、日本だけで隆盛を誇っている健康食品です。

ハナビラタケ(花びら茸)は「奇跡のきのこ」として、取上げられる事が多いのですが、その多くが過剰な、ある時には違法な表現を多用することで、有る意味「有名」な健康食品となりました。あまりに過激な宣伝表現のために、販売業者には定期的に逮捕者がでる程に悪質さが際立っています。
奇跡のキノコ」の実際は、人工栽培の技術が確立されているために、大量かつ安値で製造販売できているのが現状です。しかし、利潤追求のためには、「奇跡のキノコ」と連呼することで貴重なキノコとしてのイメージ、付加価値によって、非常に高額での販売がまかり通っています。
花びら茸(ハナビラタケ)には、βグルカンが機能性成分として含まれていることが、その実のハナビラタケ健康食品のβグルカンの含有率は40%前後。この数値は市場に溢れる「奇跡のキノコ」としては、まだ比較的多い方なのです。
しかし、現代のバイオテクノロジー全盛のサプリメントと評価するには、あまりにも貧相なで見劣りする品質と言わざるを得ません。

それでもハナビラタケが広く大量に販売されているのは違法な宣伝広告の恩恵でしょう。薬事法で禁じられているはずの、疑わしい宣伝、怪しい広告に加えて、偽の体験談や口コミ情報を何度も、繰り返し、場所を替え、テレビ、ラジオ、雑誌を変えるて、見せられ、聞かされ続けると、「宣伝」と「情報->知識」が混乱してしまうのは無理からぬことでしょう。「ハナビラタケは有名」(!?)と。もはや洗脳に近いような「間違い偏った情報」でも、自分の中で消化し、信じこんでしまった場合には、「知識」となってしまうのです。それこそが、薬事法違反の目的なのです。
口コミ投稿やクチコミ掲示板」などで、ハナビラタケが語られることが多いのは、宣伝広告としての"サクラ"業者に加え、間違った知識を信じこまされた人の発言です。

本当のことは、とても単純です。

 

近代バイオテクノロジー技術の結晶として、世界が注目しているパン酵母βグルカン。その中でも、世界最高品質であるβグルカン純度85%以上を実現しているのが、『オルタスβグルカン85』。

比較する必要が無いほどの高品質・低価格の超高純度ベータグルカンオルタスβグルカン85』は『βグルカン本舗』が製造直販中です。


Keywords: はなびらたけ, ハナビラダケ, はなびら茸, ハナビラ茸, ベータグルカン

 

超高純度βグルカン
β(ベータ)グルカンと乳酸菌とインフルエンザ

β(ベータ)グルカンの機能性に着目した研究者が、乳酸菌の働きとの相乗効果を意図した実験を実施し、注目すべき成果を挙げました。北海道大学による注目すべき実験結果は、新聞各社によって大々的に報道されています。

 


実はこの実験は一般の家庭でも応用が可能です。
乳酸菌はヨーグルトを利用し、「β(ベータ)グルカン」はパン酵母βグルカンを用いることで、ほぼ北海道大学の実験をトレースできるのです。ここで注意すべきはβグルカン(ベータグルカン)の質です。

βグルカンはキノコ系の健康食品に多く含まれている成分ですが、近年は、キノコ原料の健康食品よりも遥かに質の良いβグルカンがパン酵母から抽出できるのです。これらは「パン酵母βグルカン」として販売されており、欧米では1940年代から普及が始まり、日本でもようやく2000年以降普及が始まりました。パン酵母βグルカンの特徴は、βグルカンの純度が非常に高いだけでなく、βグルカンの種類がベータ1,3Dグルカンで大部分が構成されていることです。そのために欧米ではキノコ原料のベータグルカンはほぼ壊滅し、パン酵母βグルカンのサプリメントが主流となっています。

パン酵母βグルカンとヨーグルトは、これからの冬の常備材になっていくかもしれませんね。

 

超高純度βグルカン
酵母エキスとβグルカン

酵母エキス」はその機能性成分がβグルカンであることから、実質的にはβグルカン健康食品の一種とできます。「菌」と呼ぶと不衛生な印象が拭えない食品を「酵母」と呼ぶことで体に良い食品との印象操作ですね。

ここで、「エキス」と聞くと水分が豊富な果実から果汁を搾り出すかのような好印象を受けます。しかし、総じて10ミクロン前後と微小な酵母を物理的に絞れるわけはなく、酵母エキスを称する健康食品で絞りるような製法は皆無です。実際には「酵母エキス」を抽出するためには、化学的な手法を用います。酸やアルカリ、酵素を利用して、酵母の中に含まれている機能性成分を取り出すのです。酵母の体内から不必要な部分は残して、必要な部分(成分)だけを抽出された物質はまさに「酵母エキス」と呼ぶに相応しいでしょう。

この「酵母エキス」と呼ばれる健康食品には、「黒酵母エキス」の宣伝が顕著ですが、その他には、「ビール酵母エキス」、「パン酵母エキス」=パン酵母βグルカンなどが一般に発売されています。これらの酵母エキス健康食品に共通している機能性成分は、多糖類の一種βグルカンです。つまり、原料や製法は異なっていても最終的な製品の中に主目的であるはずの成分βグルカンがどれだけ多く抽出されたかによって酵母エキスの製品の優劣が決されることになります。言い換えると如何なる原料と製法を用いても、製品の中にβグルカンが少ないようでは、粗悪なβグルカンとしか言えないということです。

さて、このβグルカンを黒酵母を原料として製造する場合には、酵母を培養することで酵母菌の体の外周にゼリー状にできるβグルカンを利用します。この酵母菌の培養液をβグルカン水溶液として回収し、殺菌消毒すること黒酵母エキスが完成するわけです。黒酵母エキスに特徴的なのは、濃縮や精製工程は除外されているために、βグルカン純度が非常に低いことでしょう。最終製品としての黒酵母エキス=黒酵母βグルカンに含まれているβグルカンは非常に少なく0.5〜2%前後です。それでもβグルカンの含有量が0.5%増えるごとに価格も階段状に高くなるのが黒酵母エキス健康食品の特徴です。
このようなに、原料に黒酵母を用いてその培養液から製造する工程から、黒酵母エキスは製品名として黒酵母培養液や黒酵母βグルカンとも呼ばれているのです。

一方、パン酵母を原料としてβグルカンを抽出する場合には、
酵母の体内の奥深くにある細胞壁という部位を取り出す必要があります。この酵母菌の体内深い細胞壁はβグルカンそのもので構成されているため、非常に純度が高い60〜85%のβグルカンが抽出できるのです。パン酵母はその名のとおり、パンの製造にも用いられる食用の酵母なので安心ですが、酵母の細胞壁の前にはマンナン質という硬い殻で覆われているために、そのまま食したのではβグルカンが体内へ吸収されません。そこで酵母表面のマンナン質という殻を取り除き、酵母の中の「細胞壁」という部位からβグルカンを抽出する必要があるのです。この抽出工程が複雑かつ時間を要することが、パン酵母エキス=パン酵母βグルカンが高価である原因とされています。

黒酵母エキスの製造のように培養液を煮沸消毒するだけの簡略な工程であれば、その分費用も安価に抑えられるはずなのですが、黒酵母エキス黒酵母βグルカンの価格は非常に高いのは不可思議な現象です。
βグルカンの含有量として比べるとさらにその差は拡大してしまいます。

一方のパン酵母βグルカンでは、最終的なβグルカン精製純度を上げることに特化しているために精製工程が非常に複雑です。そのために品質は高く、βグルカン純度は60〜85%が実現されているものの、価格までも相応に高価となってしまっています。日本の販売店では米国産の良質のパン酵母βグルカンは、60粒入り1本が5万円を超える超高級サプリメントになっているのです。

しかし、βグルカンは継続して摂取することに意味のある健康食品なので、これだけの高額費用を払い続けられる人は少ない、もしくは経済的に非常に無理をして購入されているのでした。ところが、高価なはずのパン酵母βグルカンは、本場の欧米では60〜100ドル(7000〜12000円)程度で数多く販売されているのが実態です。日本の5分の1の価格です。もちろん1本が100ドル前後となるサプリメントは米国でさえも高級サプリメントとされているようですが、この価格差は不条理以外の何者でもありません。、日本でのパン酵母βグルカンは高過ぎたのです。

これまでの日本でのパン酵母βグルカンは、知る人ぞ知る高級サプリメントでした。しかし、近年の健康ブームから日本でもパン酵母βグルカンが知られるようになり、今では、品質も価格も米国並みの優れたパン酵母βグルカンを日本で安価に入手することも可能です。

酵母エキスの選び方としては、共通する機能性成分であるβグルカンの量と質と価格を比較するあります。今のところパン酵母βグルカンが、βグルカンの量と質で突出して良質であり、安価なパン酵母βグルカンならば最良の選択とできるでしょう。

超高純度βグルカン
水溶性βグルカンとは?

水溶性βグルカンとは、学術的な言葉ではありません。
βグルカンは正式な化学物質名称ですが、その性質は難水溶性を示すものなので、「水溶性βグルカン」は実在無く、もちろん正式な化学物質名称でもなく、単なる健康食品用の宣伝文句でしかありません。

水溶性βグルカン」の実態とは、「βグルカンを少量溶かした水」でしかないのです。

実際の高分子糖鎖であるβグルカンは、高分子化学の解説書では「難水溶性」であると明記されています。
分子レベルの物質の特性なので、純粋な物質としての性質は抽出に用いられた原材料に左右されて性質が変わることはありえないのです。

もしもβグルカンに水溶性の性質を付すならば、酵素処理等によって化学的な変化を加えることが必要です。
しかし、水溶性を無理に付加されたβグルカンは、既に分子構成と結合がもとのβグルカンから変化してしまっているために、その時点では「βグルカン」とは違う多糖類物質へ変化してしまっています。当然に本来は期待されたβグルカンの機能性とも違う性質を帯びています。

しかし、そもそものβグルカンの物質としての性質は、「少し水に溶けにくい」程度の水溶性です。具体的には少しの攪拌で水に溶解してしまいます。

このことは、βグルカンの純度が非常に高いパン酵母抽出のβグルカンを水に浮かべる実験で簡単に確かめられます。
水を入れたコップにパン酵母βグルカンを浮かべると、殆どが溶けてしまいます。
少しの溶け残りが水面に浮かぶものの、スプーンで少し掻き混ぜる程度で、完全に溶けきるには数秒で十分な時間です。
パン酵母抽出の高純度βグルカンならばこのような「βグルカン水」は、わずか1カプセル程度で数百ミリリットルは作れるわけです。

「水溶性βグルカン」として高額販売されている商品は、このように水にβグルカンを溶かしたモノと同等物です。
けっして内容は悪くないものの、絶対量としてのβグルカン量が非常に少ない反面、価格が非常に高いため、摂取効率が悪いだけでなく、経済性の面からも非効率は否めません。
価格が数百円なら利用価値はあるやもしれませんが、実際の販売価格は数万円とβグルカン健康食品として異様に高価なのです。

水溶性βグルカン」という科学的な根拠の無い商品を販売しているのは、主に黒酵母エキスや黒酵母βグルカンの販売店が多いようですが、その説明は欺瞞に満ちていると言っても過言ではないでしょう。
特定の商品を特定の販売店が、科学的な裏付けも無しに賞賛する間違ったβグルカン健康食品は、まだまだ多く氾濫しています。

正しい「良いβグルカンの選び方」の答えは、世界中でβグルカン健康食品の最優良品と評価されているパン酵母由来のβグルカンでしょう。
1940年代以降の70年以上の歴史と実績は、高純度βグルカンとしてのパン酵母βグルカンの優位性を歴然と示しています。

「水溶性βグルカン」に代表される間違った情報や商品は、本当に優れたβグルカンによって淘汰されてきた歴史こそが最も雄弁な証明です。
 

超高純度βグルカン

Copyright (C) βグルカンとは? All Rights Reserved.