βグルカンとは?

βグルカンとは?注目の機能性成分βグルカンの歴史から製品分析、βグルカンの疑問と質問を研究し尽くした比較法と効果的摂取法。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
BBS7.COM
MENURNDNEXT
 
新しいβグルカン健康食品
βグルカンという成分を含む健康食品が数多く販売されているが、βグルカン健康食品を食べる目的はβグルカンを取り込むことだという本来の目的から逸れていることがあまりに多いようです。
大切なことは「βグルカン」という成分を、なるべく多く、不純物なしに体内に取り込むことです。

その目的を達するためには、単純にはβグルカン健康食品をなるべく多くの食することも第一義的な方法であることは事実です。昔ながらの非効率なキノコ原料のβグルカン健康食品の多くが、販売店からなるべく多く食するように勧められることが多いのはこれが理由。(利益誘導の場合も多いのですが...)

しかし、このようなキノコ健康食品の大量摂取には2つの大きな問題が立ち上がります。
第一には食べ過ぎ。つまりは、胃の容量の問題です。
人間が食べる食事の量は有限で、効率の悪いキノコを満腹になるまで食べても摂れるβグルカンの量は少ないでしょう。
ハナビラタケなどのキノコ健康食品は乾燥粉末にしてさえも、そもそもβグルカンが少なく、不純物が多い効率の悪さを補えるものではないのです。さらに、キノコだけで満腹になるような食生活は、栄養生活のバランスを崩す恐れさえあります。

第二の問題は、満腹になるほどにβグルカンキノコを購入するには、月々数十万円という非常識な大金が必要だという費用の問題でしょう。これは、βグルカンが豊富だとされているキノコは、ハナビラタケ、マイタケetc全て一様に法外に高価であることも背景にあります。
キノコ健康食品は数年毎に流行が演出されますが、近年に広告の多いβグルカンキノコ、ハナビラタケやチャーガ(カバノアナタケ)、鹿角霊芝などがあるが、月々3〜5万円、酷い場合には毎月20〜50万円以上も請求されるのです。
この法外な大金を毎月払い続けることができる家庭は限られているでしょう。(実情は払う必要も価値も低い商品ですが。)

もしも無理をしてでも高額なキノコを購入し続けてしまった場合には金銭的な負担から生活が破綻する可能性するあります。高額なキノコ健康食品ほど、品質が低いというのが実情なのですが、このような被害が耐えないのは憂慮すべき事態でした。

これらの2つの問題を解決するためには、少ない量で効率的にβグルカンを摂取できる安いβグルカン健康食品があれば良かったのです。
そしてそれは、最近に欧米で脚光を浴びている「パン酵母βグルカン」という健康食品の開発によって実現されました。
パン酵母から抽出されるβグルカンは、100gあたり60gを超えており、高品質品になると100gあたりのβグルカンは85g以上。つまり単純比較でもハナビラタケやマイタケの2倍以上ものβグルカンが含まれている品質が実現されているのです。

言い換えると、少ない量で効率的にβグルカンを摂取するには、
一定量あたりのβグルカン量が多い健康食品が必要なのです。具体的には100gのキノコ,乾燥ハナビラタケなどを食しても体内に入るβグルカンは多くても30〜40g程度に過ぎないが、パン酵母βグルカンなら85g以上もβグルカンが含まれています。

つまり、ハナビラタケやマイタケ(MDフラクション)などのキノコ健康食品の最高級品と比べても2倍以上のβグルカンが、パン酵母βグルカンには含まれているのです。さらには、キノコに含まれる不純物がβグルカンの機能性を阻害することを考慮すると、その効率の差は数倍以上が見込めるでしょう。

パン酵母βグルカン健康食品が開発されたことで、キノコ健康食品と比べて少なくとも数倍、大きい場合には数十倍の効率でベータグルカンを摂取できるようになりました。

家計の負担も重要な要素です。
効率が2倍になっても、金額も2倍になるようでは意味が無いのは当たり前です。残難ながら、1980年代に日本への輸入が開始された当初のパン酵母βグルカンは、懸念されたように非常に高価な商品でした。キノコ健康食品の数倍の1本3万円から6万円の超高級健康食品だったのです。

しかし、1990年代になってパン酵母βグルカンが普及期に入ると海外では1本1万円程度まで価格が低下したのです。

そして、日本でもついに1万円を下回る高純度パン酵母βグルカンの時代となりました。海外との価格差を解消した国際標準価格を実現することを主眼として『オルタスβグルカン85』が開発されたのです。

市販されているβグルカン健康食品の中でも世界最高水準のβグルカン85%以上が保証されたオルタスβグルカン85は、まさに世界最高水準のパン酵母βグルカンと言えるでしょう。
さらには、これほどの高品質ながら、販売価格が1万円以下に設定されていることが特筆に値するのです。世界品質のβグルカンを世界標準の価格で販売する、極めて当たり前の取り組みが、日本では初めて試みとなりました。

見るべきはβグルカンの純度。
比較はβグルカンの効率(=純度)と適切な販売価格なのです。
世界と同じく、日本でも本質的なβグルカンの純度が重要視される時代が来たと言えるでしょう。
超高純度βグルカン
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beta-glucan.ortus.jp/trackback/861696
 

Copyright (C) βグルカンとは? All Rights Reserved.