βグルカンとは?

βグルカンとは?注目の機能性成分βグルカンの歴史から製品分析、βグルカンの疑問と質問を研究し尽くした比較法と効果的摂取法。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
BBS7.COM
MENURNDNEXT
 
ハナビラタケとは?
ハナビラタケ健康食品が話題になっているようです。ハナビラタケ花びら茸は、文字通りキノコの一種で、βグルカンを機能性成分として含んでいます。黒酵母βグルカン(アウレオバシジウム水溶液)などと同様に、世界市場には無く、日本だけで隆盛を誇っている健康食品です。

ハナビラタケ(花びら茸)は「奇跡のきのこ」として、取上げられる事が多いのですが、その多くが過剰な、ある時には違法な表現を多用することで、有る意味「有名」な健康食品となりました。あまりに過激な宣伝表現のために、販売業者には定期的に逮捕者がでる程に悪質さが際立っています。
奇跡のキノコ」の実際は、人工栽培の技術が確立されているために、大量かつ安値で製造販売できているのが現状です。しかし、利潤追求のためには、「奇跡のキノコ」と連呼することで貴重なキノコとしてのイメージ、付加価値によって、非常に高額での販売がまかり通っています。
花びら茸(ハナビラタケ)には、βグルカンが機能性成分として含まれていることが、その実のハナビラタケ健康食品のβグルカンの含有率は40%前後。この数値は市場に溢れる「奇跡のキノコ」としては、まだ比較的多い方なのです。
しかし、現代のバイオテクノロジー全盛のサプリメントと評価するには、あまりにも貧相なで見劣りする品質と言わざるを得ません。

それでもハナビラタケが広く大量に販売されているのは違法な宣伝広告の恩恵でしょう。薬事法で禁じられているはずの、疑わしい宣伝、怪しい広告に加えて、偽の体験談や口コミ情報を何度も、繰り返し、場所を替え、テレビ、ラジオ、雑誌を変えるて、見せられ、聞かされ続けると、「宣伝」と「情報->知識」が混乱してしまうのは無理からぬことでしょう。「ハナビラタケは有名」(!?)と。もはや洗脳に近いような「間違い偏った情報」でも、自分の中で消化し、信じこんでしまった場合には、「知識」となってしまうのです。それこそが、薬事法違反の目的なのです。
口コミ投稿やクチコミ掲示板」などで、ハナビラタケが語られることが多いのは、宣伝広告としての"サクラ"業者に加え、間違った知識を信じこまされた人の発言です。

本当のことは、とても単純です。


近代バイオテクノロジー技術の結晶として、世界が注目しているパン酵母βグルカン。その中でも、世界最高品質であるβグルカン純度85%以上を実現しているのが、『オルタスβグルカン85』。

比較する必要が無いほどの高品質・低価格の超高純度ベータグルカンオルタスβグルカン85』は『βグルカン本舗』が製造直販中です。


Keywords: はなびらたけ, ハナビラダケ, はなびら茸, ハナビラ茸, ベータグルカン
超高純度βグルカン
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beta-glucan.ortus.jp/trackback/837464
 

Copyright (C) βグルカンとは? All Rights Reserved.