βグルカンとは?

βグルカンとは?注目の機能性成分βグルカンの歴史から製品分析、βグルカンの疑問と質問を研究し尽くした比較法と効果的摂取法。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
BBS7.COM
MENURNDNEXT
 
βグルカンと野村監督のカバノアナタケ
βグルカン(ベータグルカン)を含むカバノアナタケ(チャーガ)の健康食品を野村監督(元楽天)が、胃がんを患ったソフトバンク王 監督にメモで紹介したそうです。

カバノアナタケ
はキノコの一種で、別名「チャーガ」とも呼ばれるβグルカン健康食品の一種です。
カバノアナタケは熱湯抽出、つまり煮出すことでカバノアナタケ茶(チャーガ茶)として飲まれることが多いのですが、肝心の主成分「βグルカン」が少ないことが欠点です。
(読み違いなどで、βグルガンβ-Dグルガンなどと記す記事は間違い!)

実際に「カバノアナタケ」の製品としての優劣は、ロシア産や北海道産などの産地以上βグルカン(ベータグルカン)が含まれている量で比較されます。最も高級かつ高品質なカバノアナタケ(チャーガ)でも、βグルカンは製品全体の3, 40%程度しか含まれていません。残りの60〜70%は水分や不純物とも言えるタンパク質、脂質です。(この不純物をミネラル、ビタミンの宝庫と呼ぶ業者もいますが、正体の知れない不純物は副作用の元凶でしかないのが実情です)

しかし、現代の科学技術を持ってすれば不純物を極限まで精製排除したβグルカン(ベータグルカン)を摂取することも可能となりました。

それが、パン酵母 いわゆるイースト菌から抽出される高純度ベータグルカンです。「パン酵母抽出のβグルカン」が開発された欧米では、迷信に頼るキノコ健康食品は壊滅的で、一斉に効率が朗かなパン酵母抽出のβグルカンへの移行しました。同様に日本でもパン酵母βグルカンの普及は急速に進展しています。

データ重視のはずの野村監督が、迷信に近い非効率な「カバノアナタケ」ではなく、安全と効率性が万全のデータで示されている「パン酵母βグルカン」を選ばない理由は、「まだ知らないから」に尽きるでしょう。
カバノアナタケ茶(チャーガ茶)の数倍の効率でβグルカンを摂取できる超高純度のパン酵母ベータグルカンは、これからの健康食品の標準成分となっていくでしょう。

データと実績の蓄積においては、βグルカン健康食品として、パン酵母βグルカンに比肩する健康食品はもう無くなりました。高価なカバノアナタケ(チャーガ)やハナビラタケを買う理由も無いということです。
安い上に、高品質な「パン酵母βグルカン」がこれらに代替されていくのは間違いない時代の趨勢なのです。
超高純度βグルカン
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beta-glucan.ortus.jp/trackback/813630
 

Copyright (C) βグルカンとは? All Rights Reserved.