βグルカンとは?

βグルカンとは?注目の機能性成分βグルカンの歴史から製品分析、βグルカンの疑問と質問を研究し尽くした比較法と効果的摂取法。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
BBS7.COM
MENURNDNEXT
 
βグルカン広告の問題点 (2)
βグルカンが入っているという健康食品が多く発売され、その種類と流通量は増える一方です、そして、そのβグルカン健康食品の全ての広告に共通するのが「βグルカンが豊富」という決まり文句です。これ以外に過剰な効果や効能を記載しているホームページも多いようです。これでは、どのβグルカン健康食品が本当に良いβグルカンなのか、簡単には選べません。選び方を間違えると、とんでもない低品質βグルカン高額βグルカンを買わされるはめになってしまうのです。

本当に優れたβグルカン健康食品を選ぶための簡単な比較方法は、まずβグルカンの純度を比較することです。同じ程度の購入単位・数ならβグルカンの純度が高いほど、沢山のβグルカンが摂取できます。さらに、βグルカンの純度が高いほど、βグルカンを吸収できる確率は上がるため、効率が良いのです。

βグルカンの純度が、パーセント(%)で表示されていなくとも、製品100gや100mmg中に含まれるβグルカンの量を計算すれば簡単に換算できるはずです。
一般に販売されている商品では、パン酵母βグルカンならば60〜85%キノコβグルカンならば5〜40%黒酵母エキス(黒酵母βグルカン)ならば0.5〜1,5%がβグルカン純度として計算されるはずです。原料によって、また製品によってβグルカンが大きく違うのです。ここでの注意点としては、βグルカン純度を表示していないような商品は「表示できない」程に内容量が少ない=価値が無いと考えられるので、避けるのが賢明です。価格が高いにもかかわらず、純度が低いβグルカン健康食品は黒酵母エキスを筆頭に多く存在するので注意が必要です。βグルカン健康食品を選ぶなら、まずは純度が最低でも50%以上の製品に絞ることです。

次に考えるのは、βグルカンの総量です。
βグルカンの純度がいかに高くとも、製品全体の量が少ないようでは、結果的に摂取できるβグルカン量も少なくなってしまいます。購入しようとする製品1箱または1ボトルに含まれているβグルカンの総量を確かめましょう。

しかし、多くのβグルカン健康食品には、純度が示されることは少ないようで、表示があっても上記のように%表記の製品が多いことは憂慮されるべき現状です。簡単にβグルカン比較ができてはまずい商品が多いことの裏返しなのです。βグルカンの総量=絶対量がmmgもしくはgで示されていない場合には、カプセルや袋単位のβグルカン量を総計して全体のβグルカン量を計算すればよいのです。

計算式は、

( 1粒/袋の容量 ) × ( 粒/袋数 ) × ( βグルカン純度 )  =  βグルカン総量

となります。

βグルカン総量の計算例 (A)
500mmg入のβグルカンカプセルが60粒で純度85%の品質なら、
1ボトルには500x 60x 0.80 = 24000mmgのβグルカンが含まれます。

βグルカン総量の計算例 (B)
350mmg入のβグルカンカプセルが120粒で純度75%の品質なら、
1ボトルには350x120x 0.75 = 32813mmgのβグルカンが含まれます。


そして最後に比較考慮するべきなのは、もちろん価格です。
総じて高価格のβグルカン健康食品ですから、高くとも内容を伴った商品を慎重に選択せねばなりません。

同じ価格なら多くのβグルカンが入っている方が、良いβグルカン健康食品であり、同じβグルカン含有量なら安い製品が、優れたβグルカン健康食品です。

上記の比較例の販売価格をそれぞれ(A) 7,800円 (B) ¥15,750円と仮定した場合の比較は、下記のように計算されます。


1円で買えるβグルカン量  = ( βグルカンの総量 ) ÷ (  価格  )

βグルカン100mmgの価格 = (  価格  )  ÷  ( βグルカンの総量 ) × 100


(A)
1円で買えるβグルカン量 = 3mmg
βグルカン100mmgの価格 = 32.5円

(B)
1円で買えるβグルカン量 = 2mmg
βグルカン100mmgの価格 = 48.0円


当然ですが、1円で買えるβグルカン量は多いほど良い、
別の観点では、βグルカン100mmgの価格は安いほど良いβグルカン健康食品です。

結果として、上の例では、
(A)のβグルカン健康食品の方が優れた商品でお得であると言えるわけです。

決して難しい計算では無いので、βグルカンを選ぶ場合には少しの手間を掛けることで、本当に良いβグルカンを選ぶことができます。
超高純度βグルカン
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beta-glucan.ortus.jp/trackback/737637
 

Copyright (C) βグルカンとは? All Rights Reserved.