βグルカンとは?

βグルカンとは?注目の機能性成分βグルカンの歴史から製品分析、βグルカンの疑問と質問を研究し尽くした比較法と効果的摂取法。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
BBS7.COM
MENURNDNEXT
 
βグルカンの歴史と実績 (5) 価格低下
パン酵母を原料とするβグルカン健康食品は、欧米ではβグルカン健康食品全体の同義語となるほど代表的なサプリメントに成長しています。

しかし、未だに日本ではキノコ信仰が盛んで、高純度のパン酵母βグルカンは知る人ぞ知る健康食品でしかありません。

これだけ品質に恵まれた理想的なβグルカン健康食品が普及していない理由は、キノコ健康食品の薬事法違反広告だけのせいではありません。
1990年代の初期に日本へ初めて紹介されたパン酵母βグルカンが品質以上に異様に高額な商品として販売されていたためです。
実際に海外でもパン酵母βグルカンは高額サプリメントの代表です。しかし高額と言っても高純度品でUS150ドル(日本円で約1万5千円)、少しβグルカン純度の低いものならばUS60ドル(約6千円)前後で求めることが可能です。

ところが、日本でのパン酵母βグルカンは、1本あたり6万円前後の超高額品だったのです。多い人では1ヶ月に2、3本を消費するのですから、これでは継続できるのはごく限られたお金に余裕のある人だけでした。

この日本価格が米国価格の数倍であることはあまり知られていなかったからです。しかも,日本で販売されているβグルカンサプリメントの原材料は殆どが米国製で、中身のβグルカンの品質も同等です。内容は実質変化せずに価格だけは米国の5〜10倍という大変な内外価格差が温存されていたのですから、患者や家族の経済的な負担は厳しいものでした。

しかし、2000年代になるとパン酵母βグルカンの品質や実績がインターネットを通じて多くの人に知られるようになりました。その結果、米国と同等の低価格で販売されるパン酵母βグルカンが出現し始めたのです。
これらの新製品パン酵母βグルカンは、高品質のβグルカンを米国並みの低価格で販売されたのです。これによって、富裕層だけでなく一般人でもパン酵母βグルカンを日常的に継続摂取することが可能となりました。

βグルカンの価格低下は進み、今ではβグルカン先進国の米国と同等の最高品質のβグルカンである85%以上の高純度の商品が、1本あたり1万円以下で購入できるほどに価格が低下しました。

超高純度βグルカン
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beta-glucan.ortus.jp/trackback/721786
 

Copyright (C) βグルカンとは? All Rights Reserved.