βグルカンとは?

βグルカンとは?注目の機能性成分βグルカンの歴史から製品分析、βグルカンの疑問と質問を研究し尽くした比較法と効果的摂取法。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
BBS7.COM
MENURNDNEXT
 
βグルカンの歴史と実績 (3)
βグルカンの健康食品の先駆けであるパン酵母抽出物「ザイモサン」は、1940年代に開発され、その後60年以上の時を経た現代では「パン酵母βグルカン」という通称で呼ばれています。

そもそも商品名であったザイモサンですが、高分子多糖類の分析技術の向上のおかげでザイモサンの中の機能性成分が特定する技術が進歩しました。ザイモサンの中の、βグルカンを構成する、単糖のグルコースの連鎖形状までも把握することが可能になったのです。
これらの検査技術の発達がパン酵母のβグルカンに大きく寄与しました。
それ以外にも1980年代にはβグルカンの精製技術が飛躍的も進歩したことで副作用の原因であった不純物がほぼなくなったのです。それと同時にβグルカンの純度が60〜85%以上と非常に高まったことで、パン酵母のβグルカンは他に比較できるものが無い程に高純度のβグルカン食品となりました。

βグルカンの検査技術の進歩は、パン酵母抽出物だけでなく
キノコ抽出物の中にも共通している機能性成分の正体がβグルカンであることも解明してしまいました。これは、食品の原料由来に関わらず、品質の良いβグルカンを摂取することが重要だということも各種の実験で証明してしまったわけです。そうすると高額な商品代金ほどにはβグルカンが少ないキノコ健康食品の価値は低下しました。すなわち、手ごろな価格でβグルカンが多く入っているパン酵母由来のβグルカンの優位性は明白だったのです。

内容が詳細に分析されたことで、本当に価値のある成分が判明し、成分名に注目が集まったことから「パン酵母βグルカン」の名称が定着していったのです。

今では、キノコ原料の健康食品は比較する必要が無いほど品質が低いことが白日の下に晒され、懐古主義的な健康食品とも言われる始末です。今では、成分名であるはずの「βグルカン」を意味するのは、商品名であるはず「パン酵母抽出のβグルカン」とほぼ同義語となっていることが実態を反映しています。

超高純度βグルカン
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beta-glucan.ortus.jp/trackback/721289
 

Copyright (C) βグルカンとは? All Rights Reserved.