βグルカンとは?

βグルカンとは?注目の機能性成分βグルカンの歴史から製品分析、βグルカンの疑問と質問を研究し尽くした比較法と効果的摂取法。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
BBS7.COM
MENURNDNEXT
 
βグルカンとは (2)
βグルカンという成分を日本中に知らしめたのは、1990年代からのアガリクス健康食品ブームでした。
不思議なキノコとして大々的な宣伝(薬事法違反)がなされた結果として、多くの商品が開発され、健康食品業界に多くの利益をもたらしました。(その後、悪質業者が摘発された事件も多発)
その内実は、安く品質の悪い商品でも、派手なパッケージと包装によって高級感を演出することで高額販売するというビジネスモデル(犯罪モデル?)でした。

しかし、相次ぐ薬事法違反の摘発に加え、大手薬品会社のアガリクス健康食品に不純物が原因の副作用が問題化したことで、アガリクスブームは終わりました。ところが、その後の健康食品ブームによって、キノコ原料のβグルカン健康食品は増殖を続けたのです。
アガリクスに続き、メシマコブ、マイタケエキス、ハナビラタケ、ハタケシメジとキノコを原料とした健康食品が次々と発売され、全てが共通して、βグルカンを遡及していました。「βグルカン」という機能性成分はそれだけ、期待と成果があがる成分だったのです。

次々と新発売になるキノコ健康食品は「豊富なβグルカン!」「βグルカンが○○mmg」と、大量のβグルカン含有が宣伝されましたが、実際は健康食品としてのβグルカン量は比較的少ない部類になることはあまり知られていません。

キノコを原料としたβグルカン健康食品には抽出・精製した高純度品でも30〜40%のβグルカンが最高品質とされています。価格は数十万円と非常に高額ですが、酷い製品のβグルカンは5%以下の粗悪品であることも。

1990年代のアメリカやヨーロッパでもβグルカンは注目を集めましたが、彼らの目的は兎に角も高純度のβグルカンを効率よく摂ることでした。その目的のために各種研究が進められた結果、βグルカンを摂取するための世界標準とも言える健康食品「パン酵母βグルカン」が誕生しました。パン酵母βグルカンは日本ではまだ珍しい健康食品ですが、そのβグルカンの純度は85%を超える高純度の製品もあることから品質は非常に高いと言えます。

パン酵母βグルカンが価格低下することで、キノコ健康食品と入れ替わってゆくことが予想されます。
超高純度βグルカン
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beta-glucan.ortus.jp/trackback/715482
 

Copyright (C) βグルカンとは? All Rights Reserved.