βグルカンとは?

βグルカンとは?注目の機能性成分βグルカンの歴史から製品分析、βグルカンの疑問と質問を研究し尽くした比較法と効果的摂取法。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
BBS7.COM
MENURNDNEXT
 
本物のβグルカンとは?
祈る!βグルカンで!

一昔前に大流行したのは健康食品のアガリクス茸。
最近ではハナビラタケやハタケシメジ、カバノアナタケなどのキノコ健康食品の広告宣伝が多いようです。これらの有効成分として共通しているのが「βグルカン(ベータグルカン)」という成分です。

このβグルカンという成分は、キノコの中に含まれている成分で、キノコの種類によって成分の多い少ない があります。近年では、分析や抽出技術が発達したおかげで、パン酵母(イースト菌)から とても高純度に抽出できるようになっています。似たような名前の製品には、日本で生まれた製造技術として黒酵母菌が生み出す黒酵母ベータグルカンという製品が開発・販売されていますが、紹介料収入を目的としたマルチ商法の商材としての注目度の方が多いのは残念なことです。製品中の水分が98%でβグルカンはわずか2%前後の製品を高額で購入するよりも、もっと安くて良いベータグルカン製品があるということを知っておくべきでしょうね。

このβグルカン(ベータグルカン)を主成分とする健康食品は歴史が長く実績が多いため、多様な形態で数多くの製品が販売されています。全ての製品は入っているβグルカンの量が多いことを「豊富な」とか「自信がある」、「自慢の」と自社製品を賞賛していますが、大事なことは客観的な比較検討をするために、含有量や含有率などの”数値”を確認することが必要でしょう。
酷い製品では全体に占めるβグルカンの量が たった1%程度の製品でも、堂々と販売されているのですから。

もっとも注意が必要なのは、実は高額品です。「健康食品は ある一定の金額を超えると、逆に質が下がる」傾向があるのです。
数十万円もする高額健康食品なのに、成分的には40%程度しかβグルカンが入っていないキノコ健康食品が数多くあることは知っておくべきでしょう。成分が素晴らしく優秀でも、実質に含まれている量が少ないと、機能性は低くなるのは道理。しかも、これらの高額健康食品の中身は半分以上が不純物なのですから、実は大変に非効率なのです。

選ぶべきはβグルカンが60%以上は含まれている製品です。できれば85%以上の高純度に精製されたβグルカンが、先進国各国での世界標準となっています。

ところで、表示されているβグルカン(ベータグルカン)の含有量は本当なのでしょうか?

超高純度βグルカン
続きを読むにはここをクリック >>
βグルカン健康食品は「質より量」で選ぶのか、「量より質」で選ぶのか!?

βグルカンは質より量を優先すべきなのか!?

βグルカン健康食品に期待する機能性を発揮してもらおうにも、摂取量が少な過ぎた場合には何も反応が起きないことがあります。最低限度の量以上は摂取しなければ期待する成果を見ることは難しい一方で、量に頼らなればならないような残念な製品を選んでしまうことの弊害には注意が必要です。

まず、βグルカンが1%前後だけで大部分が水分の希薄品は論外です。
しかし、豊富=20〜30%程度はβグルカンが含まれているされる製品でも、βグルカンの機能性を実感するにはかなり多くの量を摂取する必要があります。1ヶ月に数十万円もの健康食品費用が掛かってしまうのは、このような粗悪品を利用していることが原因です。沢山食べてもβグルカンは少ししか含まれていないため、βグルカンを沢山食べるためには健康食品・サプリメントを非常識なほどに過剰摂取しなければならなくなります。この辺りがβグルカン健康食品による失敗の典型例です。

このような製品では、中に含まれているβグルカンの量以上に、その他の不純物の方が多いことがさらに効率を低下させてしまいます。なぜなら、ただでさえ量が少ないβグルカンの働きを、これらの不純物が阻害してしまうからです。間違ってこのような非効率なβグルカン製品を購入してしまうと機能性の恩恵には授かれないだけでなく、非常識なほどに大量に健康食品やサプリメントを食することで食生活の基本的な栄養バランスまで崩してしまうリスクを意識する必要があります。そして費用が莫大であることも。

健康食品・サプリメントを選び、食べる場合には、漠然と製品を食べるのではなく、中に含まれている成分としてのβグルカンを食べ、その機能性を最大限に活用するのだという意識が大切です。

純度が10%程度の粗悪なβグルカン製品を5個も6個も食べて満腹になってしまうような利用方法は間違いです。それよりも、高純度の80%以上のβグルカン製品を1粒だけ食べる方が、内容成分としてのβグルカン量は多く食べられ、さらに効率的にβグルカンが働いてくれます。

つまりは、βグルカンという成分は一定量以上の摂取は必要だけれど、質の悪い製品を大量摂取しても無駄が多いため、品質の高い製品を選ぶことが大事だということです。結果として、その方が実量としてのβグルカンは多く体内へ取り入れることができるのです。

βグルカンは量より質を優先すべきなのか?!

誤った製品を選んでしまった場合には、βグルカン健康食品やサプリメントを大量に摂取しても、βグルカンの機能性が発揮されないことがあります。成分としてのβグルカンを多く食してさえも、期待した結果が得られない原因はβグルカンの品質に問題があります。βグルカンの質が悪い場合には、たとえ成分としてのβグルカンを大量に食しても機能性が期待されないことを認識する必要があります。

大量に食しても役に立たない=質の悪いβグルカンとは、βグルカンの分子の形が悪いβグルカンです。βグルカンは分子が結合する形で性質が違うのですが、直線形状やL字形状のβグルカンには機能性が無いことが解っています。唯一に機能性が有るのは、分子の形がバネのような螺旋形状になっているβグルカンだけです。この特殊な形のβグルカンが「ベータ1,3Dグルカン」と呼ばれる「良いベータグルカン」なのです。つまり品質の良いベータグルカンとは、「ベータ1,3Dグルカン」が沢山入っているβグルカン製品だと言えます。

βグルカン健康食品には「βグルカン成分が大量に入っている」としている製品でも、βグルカンの分子が直線やL字となっている役に立たない性質の分子が多い製品も多いのです。この場合、「ベータ1,3Dグルカン」が無い、もしくは極めて少量しか入っていないことが多いため、機能性は殆ど期待できないこととなります。このようにβグルカンの「質=分子形状」は非常に重要な比較要素となります。

つまりは、唯一の機能性成分であるベータ1,3Dグルカンの分子成分が多く含まれている"質の高い"βグルカン製品を選ぶことで、βグルカンに期待する機能性への可能性が高められるのです。

「βグルカンの質が良く!、βグルカンの量も多い!!」これが一番良い!!!

βグルカン健康食品を比較し、選ぶには「量」も「質」も、諦めてはなりません。どちら大切な要素であり、絶対に妥協してはならないのです。「品質が良いβグルカンを大量に」つまり「βグルカンの含有率が高く、βグルカンの絶対量が多い、しかも、そのβグルカンの種類がβ1,3Dグルカンで占められている」、この条件を満たす最高のβグルカン健康食品・サプリメントを選ばねばなりません。

つい数十年前まではこのようなβグルカン製品は存在しませんでした。だから、新種のキノコや品種改良に大枚を支払わされたのもある意味では仕方が無かったと言えます。ただし、キノコ原料のβグルカン製品は、現代でさえも低純度であり、その非効率とは反比例した高額で販売されています。

これらの問題を解決したのが、1990年代の技術革新で登場した酵母抽出βグルカンです。抽出・精製技術が高度化したことで、酵母菌の体内から効率良く、良質のβグルカンが抽出できる技術が確立されました。これらの新製品はキノコの数倍から数十倍のβグルカン純度にまで高純度化されていたため、世界中で脚光を浴び爆発的に普及が拡がり、そのことでさらに製品が増え、価格も低減されました。この「パン酵母抽出βグルカン」の最大の特徴は、イースト菌つまりはパン酵母の中に含まれているβグルカンを抽出精製することで大量のβグルカンが含まれているだけでなく、そのβグルカンの種類の大部分が「ベータ1,3Dグルカン」だということです。つまり、量と質を兼ね備えた高品質品が、非常に効率良く安価に製造できる技術が開発されたのでした。

現代では「βグルカンの量が多く、質も良い製品」は既に世界中で市販されています。日本で1990年代に輸入販売が開始された当初は、"超"高級サプリメントとされ1本あたり6万円前後と超高額でした。これでは、価格が高過ぎて一般市民が継続して利用するには無理がありました。

しかし、2000年を過ぎ、ついに登場したのが製造直販・通販限定とすることで高品質のままに低価格化した始めてのパン酵母ベータグルカンが登場します。それがオルタスβグルカン85です。ついに、質の良いβグルカンを多く、しかも安く食することが可能となった画期的な新製品で13年以上のロングセラーとして、パン酵母由来ベータグルカンの代名詞のような製品として定着しています。

最も実績のある=可能性を追求できる健康食品の機能性成分βグルカンは、量と、質と、価格の全ての条件で選んでこそ、満足する製品を探し当てることが可能となっており、その期待に応えられる高品質・低価格の製品が「今は在る」のです。

超高純度βグルカン
冬虫夏草 健康食品とのβグルカン比較

冬虫夏草」と『オルタスβグルカン85』は、原料こそ異なるものの、 機能性成分がβグルカン(ベータグルカン)である健康食品であるという点は、共通しています。 いわゆる"βグルカン健康食品"に分類される健康食品の内容=品質の違いは、 βグルカン量の大小=純度の違いです。 つまり、βグルカンの多い製品が優れた製品となります。

冬虫夏草」の製品内容では、 肝心のβグルカンは10〜20%程度のようです。 この純度は、価格が高い「済州島」産の「冬虫夏草」でも、大差はありません。 一方、『オルタスβグルカン85』には、 「冬虫夏草」の数倍となる85%以上ものβグルカンが含まれています。 つまり、同じ量を食しても「冬虫夏草」の数倍の効率でβグルカンが摂取できるのが、 超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』の最大の特徴と言えます。

冬虫夏草」健康食品の高価格は、悪しき伝統が原因でしょう。 一昔前の過去には、βグルカンという希少な成分を獲るには、 希少なキノコ原料からしか抽出できないために異常に高価だった過去の時代の名残りです。 現代では、『オルタスβグルカン85』のように、 パン酵母から高純度かつ安価に抽出が可能になっており、 高額で非効率なキノコを大量に食する必要は無くなりました。 つまり、「冬虫夏草」が『オルタスβグルカン85』に勝る点は無いのです。

アジアでは、 まだ「冬虫夏草」や「ハナビラタケ」のようなキノコ健康食品が残っており、多く流通しています。 違法で派手な"奇跡的な広告"で、低品質のキノコを高額販売する手法は、早晩衰退するでしょう。 世界的には、インターネットの普及に伴った情報化で、 サプリメントの目的と成分評価が非常に進展しました。 その結果、キノコ健康食品は衰退傾向が顕著であり、 『オルタスβグルカン85』のような高純度パン酵母βグルカンへの置き換え が進んでいます。

今現在、「冬虫夏草」を選ぶ理由は希薄です。 「冬虫夏草」より遥かに高品質で、「冬虫夏草」より数段安価な 超高純度ベータグルカンこそが時代の趨勢なのです。


<Keywords: とうちゅうかそう、済州島産、冬虫夏草>

超高純度βグルカン
βグルカンの推奨摂取量とは
βグルカン(ベータグルカン)を含む健康食品が数多く流通しているものの、 購入後に多くの人がβグルカン(ベータグルカン)を どのくらいの量飲めばいい のか で悩まれているようです。

答えは「一律一定量ではなく、個々人の体調・体質で大きく異なる」 はずなのですが、 悪質な健康食品販売店の影響で大量購入・過剰摂取が後を絶ちません。

「沢山飲んだ方がイイ」、「多く飲む方が良いこと」だと、 大量購入を強く勧める販売店は、本質から疑って掛かるべきです。 高額にもかかわらず大量摂取が薦められるような製品程にβグルカン(ベータグ ルカン)の質が低い商品であり、逆に販売価格は異様に高額な悪質商品・悪質販 売店であることが多いようです。
摂れるだけ採るだとか、飲めるだけ飲むことが推奨される健康食品が、 存在するはずも無いのですが、どうか冷静な判断を。 あくまで健康食品は、通常食の補助であり、 通常の食事では不足するか、もしくは摂取が困難な成分を摂取することが目的で す。
通常食への食欲が減退する、もしくは食べられないほどの大量の健康食品は、 健康に寄与するどころか、栄養バランスの崩壊から健康を害する可能性が高いと 言えるでしょう。ハナビラタケ(はなびらたけ)などでのきのこ増強食などは、非 効率で原始的なのです。

補助食品であるべき健康食品は、質の良いものを少量だけ摂るのが理想的なのです。

超高純度ベータグルカンである『オルタスβグルカン85』の推奨摂取量は非常に 少量です。 非常に高純度に精製されたβグルカン(ベータグルカン)であれば、 大量に摂取しなくとも、少量を摂取するだけで、 十分な量のβグルカンが摂取できます。 しかもその高品質なβグルカンは、最重要成分であるベータ1,3Dグルカンが殆ど なのですから、まさに理想的な健康食品なのです。 世界最高品質のβグルカンは、非常に高いベータグルカン純度であるために、 最少量でも十分な質と量のβグルカンを摂取できるため、 過剰摂取は不要であり、飲み過ぎは回避するようにお願いしています。

超高純度ベータグルカンオルタスβグルカン85』ならば 一日に1粒もしくは2粒で予防的な取り組みには十分な摂取量です。 明確な目的を持った人なら少し多めでも良いかもしれませんが、 それでも1日に4〜6粒程度で、それ以上の摂取は推奨していません。

質の良い健康食品ほど、摂取量は少なくて済むのです。 質の良いβグルカンほど、結果的な費用は安く済みます。

世界最高の高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』なら、 最小の費用で最大効率のβグルカン摂取が可能になるのです。

超高純度βグルカン
βグルカンの吸収性
水溶性ベータグルカンの嘘 (1)

「栄養は水が砂に染みこむ様に体に吸収される。だからβグルカンも水に溶けた商品の方が吸収しやすい。」などという間違った俗説が蔓延しています。多くは黒酵母βグルカンの悪質販売店の誇大広告が原因です。

栄養学や生理学を調べれば、上記の俗説が間違いを通り越して詐欺まがいであることが簡単に判明しますが、悪質な販売店が繰り返し各所で反復、流布することで、誤解してしまう方も多いようです。

そもそも栄養素は、それぞれの性質によって体内に吸収される経路が異なります。栄養の吸収経路によって3種類に分類され、水に溶けて吸収される栄養もあれば、油に溶けることで吸収される栄養、さらには水も油も介在しないで特殊なタンパク質(キャリアプロテイン)を媒介して体内へ吸収される栄養、に分類されます。

まず、水に溶けることで体内へ吸収される栄養素の代表格はビタミンCでしょう。その他に水溶性の栄養素は、ビタミンはビタミンB1, B2, Hなどがあります。

一方、油に溶けることで体内に吸収される栄養素は、ビタミンA, Dなどの他に、ビタミン Eなどが挙げられます。

ここで、肝心のβグルカン(ベータグルカン)の吸収には、水も油も介在しません。

βグルカン
が体内へ吸収される経路は、上記の3番目の吸収経路が該当します。具体的には、βグルカンが小腸まで辿り付いた時に、小腸壁のM細胞という器官でマクロファージという免疫細胞に接触した際に吸収されます。現象的には「マクロファージに捕食される」ことでβグルカンは体内へ吸収されるのです。接触できるかどうかは重要ですが、そこには水に溶けているかどうかという、要素は存在しません。

強いてあげるなら、βグルカンを小腸までスムーズに流し届ける流動性は必要なので、最低限の水分は同時に摂る必要性はありますが、これは、コップに半分から1杯の水で十分な量です。

残念ながら、経口摂取した全てのβグルカンが体内へ取り込まれるわけではありません。そのために、なるべく多くのβグルカンをマクロファージに捕食させるには、なるべく良質のβグルカンを、なるべく多く経口摂取することが必要なのです。

このような本質を調べると「水溶性ベータグルカン」などという俗説を唱えるような商品が、機能性成分が極小量しか入っていない粗悪品であることが解ってきます。

βグルカンサプリメント
の本流は高純度パン酵母βグルカンであることは、世界の潮流に朗かです。世界中の研究者がパン酵母βグルカンの機能性に着目した研究論文を6000件以上発表していることが、その証です。

世界最高の高品質βグルカンオルタスβグルカン85』は、その頂点を極めたサプリメントと言えます。
超高純度βグルカン
βグルカンと野村監督のカバノアナタケ
βグルカン(ベータグルカン)を含むカバノアナタケ(チャーガ)の健康食品を野村監督(元楽天)が、胃がんを患ったソフトバンク王 監督にメモで紹介したそうです。

カバノアナタケ
はキノコの一種で、別名「チャーガ」とも呼ばれるβグルカン健康食品の一種です。
カバノアナタケは熱湯抽出、つまり煮出すことでカバノアナタケ茶(チャーガ茶)として飲まれることが多いのですが、肝心の主成分「βグルカン」が少ないことが欠点です。
(読み違いなどで、βグルガンβ-Dグルガンなどと記す記事は間違い!)

実際に「カバノアナタケ」の製品としての優劣は、ロシア産や北海道産などの産地以上βグルカン(ベータグルカン)が含まれている量で比較されます。最も高級かつ高品質なカバノアナタケ(チャーガ)でも、βグルカンは製品全体の3, 40%程度しか含まれていません。残りの60〜70%は水分や不純物とも言えるタンパク質、脂質です。(この不純物をミネラル、ビタミンの宝庫と呼ぶ業者もいますが、正体の知れない不純物は副作用の元凶でしかないのが実情です)

しかし、現代の科学技術を持ってすれば不純物を極限まで精製排除したβグルカン(ベータグルカン)を摂取することも可能となりました。

それが、パン酵母 いわゆるイースト菌から抽出される高純度ベータグルカンです。「パン酵母抽出のβグルカン」が開発された欧米では、迷信に頼るキノコ健康食品は壊滅的で、一斉に効率が朗かなパン酵母抽出のβグルカンへの移行しました。同様に日本でもパン酵母βグルカンの普及は急速に進展しています。

データ重視のはずの野村監督が、迷信に近い非効率な「カバノアナタケ」ではなく、安全と効率性が万全のデータで示されている「パン酵母βグルカン」を選ばない理由は、「まだ知らないから」に尽きるでしょう。
カバノアナタケ茶(チャーガ茶)の数倍の効率でβグルカンを摂取できる超高純度のパン酵母ベータグルカンは、これからの健康食品の標準成分となっていくでしょう。

データと実績の蓄積においては、βグルカン健康食品として、パン酵母βグルカンに比肩する健康食品はもう無くなりました。高価なカバノアナタケ(チャーガ)やハナビラタケを買う理由も無いということです。
安い上に、高品質な「パン酵母βグルカン」がこれらに代替されていくのは間違いない時代の趨勢なのです。
超高純度βグルカン
βグルカンの飲み方 - 味
初めての食べ物、ましてや"健康食品"を食べるには、臭いや味が気になるものです。

βグルカン健康食品も多くの人が初めてのことが多く、苦いかもしれないとか、どのようにして飲むのかといった疑問が多いのです。

旧来のキノコを原料としたβグルカン健康食品であれば、キノコ特有の土臭さや、時には苦味がある商品もありました。キノコ由来のβグルカン健康食品は精製工程が殆ど無く、多く不純物が残っていることから培地(土壌)の香りや味も残るものだったのです。

しかし、精製工程がしっかりしているパン酵母由来のβグルカンは、ほぼ無味・無臭です。その為、粉末タイプのβグルカンを摂取する際にも、水に溶かすだけで苦も無く飲まれている方が殆どなのです。(粉の粒子が細かいので、粉だけを先に口に入れるのはお薦めしません)

「パン酵母」と聞くと香ばしい味を連想する方も多いようですが、水に溶いても味は殆ど無味/無臭です。強いて挙げるとすると「粉っぽい」味だと言えるかもしれません。ただし、苦味やエグミも無いとはいうものの、美味しいものではありません。体のために少しだけ我慢は必要と理解下さい。

多くの方は、カプセルからβグルカンを初めて、相性が確認できた後に量的に安い粉末タイプのβグルカンへと移行されますが、カプセルから、水に溶いた粉末への移行は問題無いようです。

なお、子供さんや嚥下障害のあるお年寄りがβグルカンを摂取する必要がある場合には、フルーツ味の付いた「薬用ゼリー」のご利用をお薦めしています。
一般的な薬局やドラッグストアで200〜300円程度で販売されているので、ご利用をご検討下さい。
超高純度βグルカン

Copyright (C) βグルカンとは? All Rights Reserved.