βグルカンとは?

βグルカンとは?注目の機能性成分βグルカンの歴史から製品分析、βグルカンの疑問と質問を研究し尽くした比較法と効果的摂取法。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
BBS7.COM
MENURNDNEXT
 
βグルカンを薦める理由(4)

「パン酵母抽出の高純度βグルカン」の安全性は、米国の食品医薬品局(通称FDA)から「安全基準合格」の認証を取得していることで証明されています。開発から70年を超えて品質が研ぎ澄まされたことで安全性にも磨きがかかり、安心なサプリメントとして諸外国では広く普及しているのです。

しかしながら、日本ではまだまだ本物の高純度βグルカン健康食品を取り扱う販売店は少ないのが実情です。一方でβグルカン(ベータグルカン)という成分の機能性は認知が広まりつつあるため、それにつれて「"自称"の高純度βグルカン製品」が出現し始めたことが問題化しています。これらの製品はβグルカンの含有量を公示するために不可欠なはずの成分検査をすることなく、大げさなβグルカン成分の宣伝を繰り広げているのです。

これらの原因の多くは、他者に成分分析されると.....

超高純度βグルカン
続きを読むにはここをクリック >>
βグルカンを薦める理由(3)

実はβグルカン(ベータグルカン)を利用する際に最も重要なのは高純度で高品質な製品を利用することだと解明されて以降も、高純度のβグルカンを継続利用することは難しかったのです。その最大の原因は、販売価格が1本5万円以上と非常に高額だったからです。

必要な健康食品がそのような高額品になってしまうと、大枚を費やして一度きり購入することならできても、毎月購入して継続利用できるほど経済的に余裕のある家庭は少ないのです。副作用の無い穏やか機能性が特徴のβグルカンは少なくとも数ヶ月以上の継続利用することが前提の製品なので、継続利用が難しい=利用できる人は少数に限定されていたのです。

このような閉塞した状況下に登場した"希望"が、『オルタスβグルカン85』シリーズです。患者側の立場だった株式会社オルタスだからこそ、開発できたと言えます。 まず、絶対条件とされたのは.......

超高純度βグルカン
続きを読むにはここをクリック >>
βグルカンを薦める理由(2)

βグルカン成分が多い方が良いβグルカン健康食品で、悪いβグルカン健康食品は含有量/含有率が少ないか、表記が無いものです。最低限のβグルカン含有量が確保された前提で、さらに加えるべき比較基準があるのです。それは、βグルカンに「役に立つβグルカン」と「役に立たないβグルカン」があるという点です。

成分としてのβグルカンは大きなくくりの呼び名で、実際には同じベータグルカンの中でも形状が違うことで性質=機能性も違うのです。具体的には、機能性があるのは3重螺旋(ばね型)の形状をしているβ1,3Dグルカンだけなのです。これ以外にも、直線形状のβ1,4Dグルカン鍵型形状のβ1,6Dグルカンには、機能性が無いことが、多くの実証実験の成果として報告されています。

低品質のβグルカンとは? 最高品質のβグルカンとは?

つまり、「βグルカンが多いこと」は必須だけれどその中身が大切で、β1,4やβ1,6の形のβグルカンがなるべく少なく、重要なβ1,3の形のβグルカンがなるべく多いβグルカンを選ぶべきだということです。とすると、旧来のキノコ原料の健康食品に関してはβグルカンが少ないだけでなく、最重要成分のβ1,3Dグルカンも微少量しか入っていないことが判明していることから、選択の理由は皆無と成り果てました。

世界中で脚光を浴びつつある健康食品が.....

超高純度βグルカン
続きを読むにはここをクリック >>

Copyright (C) βグルカンとは? All Rights Reserved.